ビフィーナSは果たして販売中止になるのか

ビフィーナSは果たして販売中止になるのか

インターネットでは、様々な噂が飛び交っています。その中の1つに、ビティーナSに対する噂があります。というのも一部の方々は、その製品は生産中止になるのではないかという噂をしているようなのです。しかし、実際にはそうではないのですね。

 

ビフィーナSの販売中止の真偽はどうなのか

 

まずビフィーナSという商品ですが、かなり有名です。乳酸菌関連の情報サイトを見ると、かなりの高確率でその商品が紹介されているのですね。
ところがいつの頃からか、その商品は販売中止になるとの噂が浮上しました。つまり今後はビフィーナSの入手が、難しくなるのではないかとの話が浮上したのですね。

 

それに対しては、色々な意見がありました。今後は店頭販売を促進させるつもりなので、インターネットでの販売は目先は中止になるという意見もあるのです。また製品開発での更新作業が行われているので、目先は中止状況になっているとの意見も見られます。そうかと思えば、本当に中止になるという意見もあるのですね。

 

上記の話のどれが真実かと申しますと、1つ目の更新作業が最も正解に近いです。なぜならその商品は、現在パッケージの変更が行われている状況だからです。

 

実際はパッケージを更新している最中

 

というのも実際私は、コールセンターで確認をしたのですね。ビフィーナSは森下仁丹という会社から販売されています。とても有名な会社なのですが、そこはフリーダイヤルのコールセンターを完備しているのですね。私は実際にそこに電話をしてみて、本当に販売中止になるか否かを確認してみました。

 

すると、ちょっと意外な答えが戻ってきたのです。それが前述のパッケージだったのですが、ちょっと薬事法の絡みがあるようですね。
乳酸菌の商品は人間の健康に関わりますので、その法律はとても大きなポイントになります。そしてパッケージの記載次第では、ちょっと販売が難しくなる事もあるようなのですね。

 

森下仁丹では、ある時にパッケージの見直しを行いました。現在そのパッケージを新しくする為の更新作業が行われているのですが、今後生産中止になる事があり得ないとの回答だったのです。
すなわちビフィーナSは、別に生産中止になる訳ではありません。今後も販売は続くのですが、薬事法絡みで色々と調整を行っている状況なのだそうです。

 

ましてビフィーナSは、乳酸菌のサプリの中でもロングセラーになります。森下仁丹にとっても、非常に重要な存在でしょう。ですね個人的には、それが生産中止になるのは少々考えづらいと思っています。
>>植物性乳酸菌、はじめましょう